飴玉の唄

その日の気分で、ころころ変わるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

へこんでる

ダメだ
まだ心がざわついてる


一人の友達に
あんたは子どもやな的発言を最近やたら言われて、
今日はさすがになんか腹がたって。
その子は今小さな子どもの子育て中で、今までの人生で
一番充実感を感じる、って自分でのろけて?て。子育ての中で自分も成長しているのだと思う。

それは、親友として祝福しているよ

でも、あたしを比較の対象にしないでほしい

悪気ないのはわかってる

子どもがいないあたしに、親心がわからないのと同じで、
子どもがいる人に、子どもがいない人の苦しみはわからない。

これ当たり前のこと

昔から言われている「女は子どもを産み育てて一人前」
今は昔ほど聞かないけど、意識の中には根づいてる、これってあたしの被害妄想?

女とゆう生き物も
みんないろいろ大変だ。
男も大変だ。

人間みんな大変なのだ。
誰か偉いかランクなんてないんだよ、ほんとは…
だけどあたしたち人間は周りと比較しては右往左往しちゃう。

「人は人、うちはうち。」子どもの頃に、親に言われた言葉No.1だ。←何かをおねだりしたとき

子どもの頃は、これを言われたら返す言葉がなかったから、キライな言葉だった。

でも、人と自分を比較しない…という意味で、今はいい言葉だなって思う。


書いて吐き出したら、少しだけザワザワが小さくなった。

生きるのは半端ねぇなぁ、もう。でも生きるしかない。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今朝、浮かんだ歌・・ | 飴玉の唄 | 心の傷>>

この記事のコメント

うん、そうだと思う。
子供のいる私に、いない人の気持ちはわからないと思う。想像はできても、どんなにつらいかとか寂しいとかホントのとこは感じ取れないと思う。
同じ様に、子を亡くした想いも同じ経験をしないとわからないはず・・・これって誰でもそうなんじゃないかな。
抱えてる苦しみや悲しみはそれぞれ違うからホントには理解できない。でも、相手の事思いあう事は出来るよね・・・・

そのお友達に悪気がなかったのだとしても、やっぱりもう少しはなこふさんの事を考える事はできたはずだと思う。
子供扱いされる理由もわからないし。
だからもやもやしても、それって普通の事だと思う。

ごめんね。偉そうに。でも、やっぱり人と比べ出したらきりがない・・・人は人。自分は自分。他人と比べて、ランク付け?・・幸せのランク、悲しみのランク、そんな事しても意味がないもの・・・
2009-12-06 Sun 15:41 | URL | omame #-[ 内容変更]
すごく傷つきますね。
「あんたは子供」的な発言は、やっぱりその方が
(子育て中の自分)と(はなこふさん)を、「別」と切り離して捉えてるからだと思います。
分断です。だからすごく孤独を感じますよね。v-409

一人一人がそれぞれの命の舞台で、それぞれの経験を積んでゆく・・・。
でも生命の根底においては、すべての命が一つだと思うんです。
そこでは「私とあなたは別」という様な断絶はないはずだと・・
その意味でイエスは
「あなたの中に父がおり、父の中にあなたがいること」(すべての魂は一つ)
・・と言われたのだと思います。

すごく悲しくて、孤独を感じられてると思います。
でもはなこふさんも、”はなこふさんだけのはなこふさん”じゃありません。
その親友の方も、”もう一人のはなこふさん”でもあると・・。
その方と、はなこふさんが分断してないなら、(イエス様は分断してないと仰ってますが)
子育てに夢中の友達も、”もうひとりの私(はなこふさん)”であることに
なるかもしれませんよね。

けっして、上から目線で言いたいわけではないので
難しいのですが・・。
ただ、別な存在と捉えると、逆に苦しいと思いました。
「あなたの中に父がおり、父の中にあなたがいる」

この言葉を、最近よく心に思い続けてます。
2009-12-06 Sun 22:10 | URL | あと半分。 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

みんなちがってみんないい・・ですよね。
そして、理解はできないけど、想像するよう努力すること・・それくらいまでは
人にできることですね。
あたしも、その友達とは30年来のつきあいで、お互いぶっちゃけトークしちゃうから、
傷つけあったりすることがあるんです・・。
まあ、そのぶん、その子とは、あとくされがないってゆうか・・。
でも、きっと彼女が変わっていくような気がして、不安なのかな・・?
寂しいのかな・・?

> 子供扱いされる理由もわからないし。

これは、あたし、しょっちゅう子供扱いされるんです・・。
実際子供なんだと思います。子供っていわれて腹が立ってる時点で
子供だなって思いますもん。
でも、逆に大人って何・・?って、女子高生のようなままの42歳です・・。
いまだ、答えは、あたしにはわかりません。
>
> ごめんね。偉そうに。でも、やっぱり人と比べ出したらきりがない・・・人は人。自分は自分。他人と比べて、ランク付け?・・幸せのランク、悲しみのランク、そんな事しても意味がないもの・・・

ほんとにそうです。
世界にひとつだけのは~な~♪ですよね。
みんなちがってみんないい~♪ですよね。

ありがとうございました。e-466
2009-12-07 Mon 21:38 | URL | はなこふ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

なんかすごく考えさせられました。
そっか・・分断かあ・・だからなんだか寂しかったのかな・・と
思ったりしました。。

あたしは、その友達の子供が自分の子供みたいにかわいかったし、
自分の子供のように、ってゆうか近所のおせっかいおばさんのように
厳しくも接したり、優しくも接したりしてて・・。
それを、友達も大きな心で受け止めていてくれていると思ってたんだけど、
なんだか、「あたしの子育てに口出ししないで」ってオーラを少し感じたん
ですよね・・

それは、親心なんだろうけど、今の時代、親だけに責任が覆いかぶさってる感じ
が、嫌な気持ちもあたしにはあって、よく言う「地域で子供を育てる」ことが
大事なんだ・・ってゆう自分の想いがあって・・。
でも、それはあたしの想いだけで、母親たちはそうは思わない人もいるわけで・・。
>
> 一人一人がそれぞれの命の舞台で、それぞれの経験を積んでゆく・・・。
> でも生命の根底においては、すべての命が一つだと思うんです。

命がつながっている・・・その思想は、アメリカ先住民の精神世界の本に
書いていて、すごく納得したお気に入りの言葉です・・。
思い出させてくださって、感謝です・・。
最近、忘れていました・・・。反省・・。
大事なことですよね・・。
>
> その親友の方も、”もう一人のはなこふさん”でもあると・・。
> その方と、はなこふさんが分断してないなら、(イエス様は分断してないと仰ってますが)
> 子育てに夢中の友達も、”もうひとりの私(はなこふさん)”であることに
> なるかもしれませんよね。

そうですね。「鏡なんだ、僕ら互いに。それぞれのカルマを映すための」byバンプ
とゆう歌詞を思いました。。
彼女の中にいるのも、あたしにある部分なんですよね。。
考えさせられました・・。
>
> ただ、別な存在と捉えると、逆に苦しいと思いました。
> 「あなたの中に父がおり、父の中にあなたがいる」
>
> この言葉を、最近よく心に思い続けてます。


そうなんですね。。確かに、別な存在と捉えるから苦しいのかもしれませんね。
つながっている・・あたしたちはみんな・・。
うん・・・・。そう思えたら世界は幸せなセカイになるんだな・・って
気づかされました。
ありがとう・・・感謝です・・。v-22
2009-12-07 Mon 22:07 | URL | はなこふ #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 飴玉の唄 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。